昼間コースと夜間コースの違いは?

勉強する時間が違う!

昼間コースと夜間コースの違いの基本と言えるのが、学校で学ぶ時間ではないでしょうか。昼間コースですと朝から夕方くらいまでの時間で授業を行うところが一般的ですが、夜間コースでは18時から21:30までの週5日授業を行うという学校が多いようです。また昼間コースに比べて夜間コースでは一日の授業時間が短いため、昼間コースに比べると授業の内容を短時間で集中して学ぶということが言えそうです。夜間コースでは夜に授業を受けるため昼間はバイトの時間に当てることができたり、会社に勤めている人が学校に通うこともできます。そのため働きながら専門的な勉強をしたい!と思っている方にとって、向いているコースではないかと思われます。

夜間コースは学費が安い!

学校ごとに学費が異なるので一概には言えませんが、一般的には昼間コースよりも夜間コースは学費が安く設定されているようです。学校によっては3年間で100万円ほどの差があるところもあると言われています。また夜間部には月額制度というものを導入している学校もあり、入学時の学費の負担が少なくて済むというのも利点であると言えそうです。月額制度があれば昼間働いた分のお給料で授業料を自分で払う、ということもできるので社会人でも安心して勉強することができそうです。また学費の負担軽減という部分では昼間コースと同じく奨学金も利用できるので、万が一昼間に働いている分だけでは足りないということがあっても奨学金制度が導入されていれば安心ですよね。