2年制と3年制以上ってどう違う?

2年制はカリキュラムがハードスケジュール

一般的な大学は4年制で、それよりも短いのが短大です。2年制が多いですが、医療関係の短大だと3年制の所もあります。4年制は比較的余裕を持った単位制度になっていますが、短大は4年制に近い単位を2年で取る必要がるのでかなりハードなスケジュールになります。専門学校といえば、一般的なのが2年制かもしれません。大学の短大と同じで、カリキュラムはそれなりにハードスケジュールになります。卒業すると何らかの国家試験の受験資格が得られるタイプが多く、最低限の知識や技術を取得して国家試験に備えます。できるだけ早く資格を取得して仕事をしたい人には向いています。ただハードスケジュールになるので、なかなか遊ぶ時間は取れないかもしれません。

より高度に学びたいなら3年制以上

専門学校は2年制が多く、3年制や4年制はあまりありません。コンピュータ関係の学校や研究などを行う学校などで設定されるときがあります。基本的には、2年次までは2年制とそれほどカリキュラムは変わりません。ハードなスケジュールで授業を受けます。そしてさらに上の知識を得るための授業が3年次や4年次で受けられるようになっています。3年制までの学校を卒業すると専門士の資格になりますが、4年制の専門学校になると高度専門士の資格になります。資格の上でもより上級になるので、就職の時には有利になります。2年制や3年制だと短大卒業程度とみられますが、4年制だと大学の学部卒業生と同等と見てもらえます。高度専門士があると、大学院に入学できる可能性も出てきます。